高価買取の理由|中古ダンプや重機の買取をする場合は買取金額のチェックと良い業者を見つけよう|買取のpro

高価買取の理由

トラック

他に比べて台数が少ない

普通の車に比べると、中古ダンプの数は非常に少なくなるため、たとえ傷だらけのダンプでも需要が高くなります。その影響で買取金額も自然と上がるのです。

売却ルートが多数ある

業者で買取された中古ダンプは、新たな場所に行くためにオークションへ出品されます。この場所が多数あると高価買取の対象になる可能性は十分あるでしょう。また日本の中古ダンプは、海外だと性能が良いと評判が高いので独自のルートがあれば、海外でもバカ売れです。それが高価買取のきっかけになることもあります。

実績で見る買取相場

走行距離が短い中古ダンプだと100万円から200万円くらいでしょうか。人気メーカーだと最高で300万円の買取額が付く可能性もあります。買取実機を掲載しているサイトなら、相場が見えてくるので一度チェックしてみましょう。

査定員がチェックする箇所

エンジンオイル

最も査定員が気になる箇所は、エンジンオイルの劣化です。何年も取り換えられていない状態は、車輛全体の質を落としかねません。故障や漏れの原因にもなるでしょう。将来、中古ダンプの買取をするなら、決まった時期にオイルの交換を行なうことです。

傷がつきやすいボディー

過酷な環境で使用されている場合、傷やへこみが嫌でもついてしまいます。この部分は査定をする上で非常に重要な判断基準になるため、傷やへこみを自分で直すということも念頭に置かなければなりません。

純正パーツは高額買取のチャンス

パーツ部分を改造していると、マイナスポイントになるので注意が必要ですよ。純正パーツを別の場所に保管している場合は、もう一度付け直して査定に出すことをおすすめします。業者の中には、使用していないエアロパーツの買取も一緒に行なっています。